モノログモノローグ|かわいい缶が好きな節約家ミニマリストのキッチュインテリア

缶好きミニマリストの愛するモノとエッセイで綴るライフスタイルブログ

 

 

 

太陽の塔ガチャをリメイクしてジオラマジェルキャンドルを手作り

KITAN CLUB(奇譚クラブ)が2015年2月下旬に発売した、岡本太郎の太陽の塔をモチーフにした「コップのフチ子」シリーズ「コップのフチの太陽の塔」が素敵すぎて、フィギュアを使ってジオラマを作りました。

自分だけの物語をジェルキャンドルに閉じ込めています。

 

太陽の塔ガチャをリメイクしてジオラマジェルキャンドルを手作り

 

 

カプセルトイリメイク、太陽の塔ジェルキャンドル

KITAN CLUB(奇譚クラブ)の「コップのフチの太陽の塔」は全7種類、そのうち太陽の塔単独のフィギュアは5種類でした。

私はその5種類を全部揃え、さらに気に入った2種類をダブりでゲット。

このダブった太陽の塔を使ってジオラマを作成しました。

グラスのサイズは直径8センチ、高さ9.5センチです。

 

作品テーマは東京タワーを襲撃する太陽の塔

東京タワーのガラス細工を2体の太陽の塔が襲撃しているストーリーにしました。

底面の色砂は、エッフェル塔へのオマージュでフランスのトリコロールにしています。

 

【ジェルキャンドル正面】

太陽の塔ガチャをリメイクしてジオラマジェルキャンドルを手作り

 

【ジェルキャンドル背面】

太陽の塔ガチャをリメイクしてジオラマジェルキャンドルを手作り

 

ジェルキャンドルを作る方法:体験教室にフィギュアを持ち込み

ディズニーランドに併設しているショッピングモール「イクスピアリ」のイベントスペースでジェルキャンドルの体験教室をやっていた際に、フィギュアの持ち込みができるか質問したらOKだったので、「太陽の塔ガチャでジェルキャンドル作りたいね」という話に。

 

ジェルキャンドルの作り方をネットであれこれ調べましたが、ジェルキャンドルの原材料の取り扱いが面倒そうだったので、体験教室に参加することに決定。

ネットでチェックして、お台場にある「ヴィーナスフォート」の1階イベントスペースで、ジェルキャンドルのワークショップに参加したところスタッフに「フィギュアの持ち込みはできません」と言われましたが頼み込んで「絶対に火をつけない」という条件で、無事ジェルキャンドルを作らせてもらえることになりました。

 

夏休みの自由研究としてジェルキャンドル作りを楽しむ子供達に混じって、40代の嫁と50代の夫婦が本気でジェルキャンドル作り。

レイアウトを考えて…色砂に模様をつけて…ピンセットでフィギュアを設置して…めちゃくちゃ丁寧に時間をかけて作業したので、数時間かかっています。

 

途中でだんないが色砂の模様づくりをやりたがって、作業を交代したら力加減が違い模様が変わってしまい本気で揉めました。

子供達が適当に色砂入れて、貝殻とガラス細工入れてキャッキャしている横で、ジェルキャンドル作りで険悪なムードになってる熟年夫婦とか見たことないしな。

 

なんだかんだで、完成したジェルキャンドルは、お家のシンボルかつ私たち夫婦の宝物になっています。

 

 

🔽ジェルキャンドルに閉じ込めてない太陽の塔フィギュアはこちら🔽

mm.teinai.work

 

おまけ:カプセルトイをしまいこまずに楽しむ

カプセルトイをしまいこむのはもったいない。

我が家ではマザーのストラップはオリーブにクリスマスツリーみたいにひっかけています。

 

mm.teinai.work

 

コップのフチの太陽の塔の入手方法

ここまで読んだあなたは、間違いなくコップのフチの太陽の塔を欲しくなっちゃってると思います。

コップのフチの太陽の塔が最高ってのもあるし、私が大絶賛したってのもあるよね。

痒い所に手が届くブログを目指しておりますので、私なりに入手方法を調べておきました。

 

Amazonで大人買い

コップのフチの太陽の塔は、2015年に発売されたカプセルトイのため、設置場所が少なく、ネット上では過去の情報しか入手ができず、入手は困難です。

一番安くてかぶりなく手に入れられるのが、Amazonでコンプ買いすることです。

 

 

ひとつだけ欲しいという場合は、単品での入手も可能です。

 

コップのフチの太陽の塔のガチャ設置場所

ネットでコップのフチの太陽の塔のガチャガチャが設置されていると記載されていた場所をピックアップ。

大阪の万博公園以外は、2020年現在設置されているかは不明です前もって確認されることをオススメします。

 

  • ららぽーとEXPOCITY1階「太陽の塔のグッズ販売コーナー」(大阪府吹田市 2020年7月情報)
  • 美術館 「アーツ前橋」(群馬県前橋市 2018年情報)
  • ART BOOKSTORE & GALLERY「NADiff a/p/a/r/t」(東京恵比寿 2017年情報)

 

#アートを愛でる生活